2006年10月16日(月)の日記


森をひらく(レイさんの日記より)


川内千年の森の活動に行ってきました。
 この秋、「森を愛する愛媛から もりもりCO2ダイエット」と題して、地元NPOとメディアの連携事業、関連イベントが行われます。放置された木材を有効利用しようとするもので、きのうはその下準備として、間伐(木材の切り出し)と草刈りをしました。
ヒノキとスギ。やっと見分けがつくようになりました。

 草刈りは、植樹のための地ごしらえというこということもあり、十数名で鎌やなた、のこぎりを手に、草や竹の生い茂る山裾を切り開いていきました。
 
 巨大に成長したカヤ草や背丈3メートルほどの細竹がよく生えていました。今回は一般公募したボランティアの方たちにも手伝っていただき、作業が終わる頃には一面明るくなった山の裾野が広がっていました。

素顔でいられる不思議さ土の上
No.372


2006年10月の日記をすべて読む
No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(cf)DIARY version 3.25